スタートアップ系外資ファイナンスマンのブログ

2度の起業→失敗を経て、世界最強と言われる外資系メーカーでファイナンスをやっとります。スタートアップと外資系メーカーのファイナンス、2つの視点から色々と考えていきます。

企業の経理・会計が事業に価値を生み出すためのプロセス

 

少し前にこんなツイートをしました。

 

 

というのも僕自身が現職に就く際の日本法人兼アジア統括CFOとの1on1で、事業におけるファイナンスの意義や貢献はどのように行われるべきなのか?といった趣旨の質問をしたことがありました。その時にCFOが彼自身のキャリアで経験したことを交えながら、上記のように、ファイナンスがビジネスパートナーとして事業にインパクトを与えていく過程をモデル化して知ることを教えてもらい、目から鱗だったのを今でもよく覚えていたのです。

 

今回は、このツイートにもあるような6段階のファイナンスの役割について、更に詳しく説明していこうと思います。

 

ここで説明するのは一般的な日本企業における経理や財務部門、経営管理部門が本来担うことが企業内のリソース最適化の意味でも理想であると個人的に思っていますが、残念ながら多くの場合そこまで頑張ってる管理部門の人を見かけないのです、、、

 

 

The Process of Finance Inpact on Business

経理・財務・経営管理などの広義でのファイナンス部門が事業に対してインパクトを持つ過程について説明していきます。

 

①Safe & Secure(Controllership)

これはすなわち会社を財務的に、主観的にも客観的にも確固たる状態にすることであるといえます。そのための基礎となるのが会計知識を用いた経理業務であり、会社の経理機能を整える事なしにファイナンスによる事業価値を生み出すことは難しいとも言えます。

経理を一歩進むと例えば内部統制など、社内の様々な機能的整合性を保ち、クリーンな状態にすることも1段回目のステップに含まれています。

 

ここらへんについてより詳しく知りたい方は安本さんが書いたこの本をおすすめします。スタートアップの場合は経営者が読むと社内で経理部門をただの記録屋にさせずに済むこと間違い無しです。

 

 

ユニクロ監査役が書いた 強い会社をつくる会計の教科書

ユニクロ監査役が書いた 強い会社をつくる会計の教科書

 

 

 

②Analysis

①のSafe & Secure、経理で正確に回収した情報をもとに分析を行うのが2段階目です。会計学的に言うならば、①が財務会計、②が管理会計と言った感じでしょうか。

 

どのような分析手法があるかなどはケースバイケースですので細かく説明しませんが、多くの場合ここまでは一般的な経営管理部門が管轄している企業も多いのではないでしょうか??

 

ポイントとなるのは実は③以降で、殆どの企業にはそこまでの機能をもったファイナンス部門が存在していないと私自身は理解しています。

 

③Insight

では付加価値の高いファイナンス部門の基盤となるInsightとは何なのでしょうか? 

 

それは前述の「Analysisで実施される定量的な分析に加えて、ビジネスの市場環境や競合など、より戦略コンサルティングに近いレベルでの定性的な分析を交えることによって、営業や製造部門だけでは辿り就くことが難しいビジネスへの示唆を得ること」

と言い換えることができるでしょう。

 

このような示唆を得るために市場環境を理解する必然性があります。下記の記事で市場を理解していくためのプロセスを簡単にまとめてみました。

toshiyabe.hatenablog.com

 

 

 

さて、ファイナンス部門は単なる記録部門ではありません。会計や経理と聞けば大抵の人が単調でつまらない、バックオフィスの仕事だな、、、という印象を持っていると思いますが、考え方ひとつで事業価値を生み出す「ファイナンス」に生まれ変わらせることができるはずです。そのための第一歩がInsightを獲得することであり、すなわちビジネス自体への深い理解を前提とした独自の財務的解釈を示すことにほかなりません。

 

以上までが会計・財務の専門性を活用しなければプロセスさせることができない段階でした。4,5,6は更に変化を起こすためのリーダーシップを発揮するプロセスについてを示しています。

 

④Vision 

よくビジョンを示せ、といいますよね。あれです。これまでの分析から得たインサイトを使って、どこにどのような変化を起こすべきか、理想の状態は何なのか、を明確化させる必要があります。

⑤Communicate 

明確にしたビジョン(ゴール設定)をファイナンス部門、関連するビジネス部門と共有していきます。 *実務においては、ここが最も難関なところで、正直スムーズにできる人材はそんなに多くないでしょう、、、

⑥Drive Change & Excecution

最後にエグゼキューションです。やりきる、ということです。変革をドライブしていくのがリーダーの仕事であり、ファイナンスはビジネス部門の経営パートナーとしてしっかりとやりきることが求められます。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか? もともと考えていたファイナンスの職務範囲と比べて、明らかに縦に長く広がってると思いませんでしたか。

もちろん会社によって、あり方自体は大きく変わりますが、会社の生命線とも言えるお金の流れをコントロールし把握している部門が、その情報を利益創出に使わないのはなんとも残念ですし、全体として非常に損をしていると思います。特にスタートアップではいまいち経理全般やバックオフィスの仕事を後回しにする傾向が多く(仕方ないことなのですが、、、)、機会損失を被っているような気がしています。

今回の記事が、自分たちの会社でのファイナンスのありかたについて考えてみるきっかけになれば嬉しいです。